So-net無料ブログ作成

久し振りの北鎌倉東慶寺&Mozart Piano Sonata K.333 Anne Queffelec :20190824 [鎌倉]

ものもらいで左目が腫れてしまったり、休みになった途端に夏風邪をひいてしまったり、 

ここのところ体のリズムが崩れ、力が出てこないじぶんと同じよう。

P8240010-12.jpg

ピュアなオレンジ色で差し込んで、外に出ようと誘ってくれる休みの朝の光たちも、

ここしばらくはあまり元気がありませんでした。

バタバタと公私ともに出かけることも多かったことからも? 、一か月以上も遠ざかっていた鎌倉。

結局、今年の花暦にノウゼンカズラも蓮の花も加えることができませんでした。

そろそろ…と、

P8240022-12.jpg

週末の天気予報は前日とは違って晴れマーク。

NHKの「なつぞら」が気になりましたが、デバッグには、50-200と12-40を付けた相棒たち、

冷たい麦茶を入れたサーモスのマグボトルと読みかけの文庫本はロードス島戦記。

気に入りのものたちを連れ、久しぶりのプチ散歩へと出かけることに。

P8240038-12.jpg

台風が来て幾分涼しくなったのかなと思いましたが、

横須賀線で北鎌倉の駅に降りて歩きだすと、ハンドタオルで額と首の周りをごしごし。

P8240032-12.jpg

でも、この感じは今だけのもの。そんなに嫌いではありません。

マグボトルを開けて冷たい麦茶を一口。うん、美味しい !!

P8240039-12.jpg

東慶寺には誰もいませんでした。

まだまだ元気なセミたちが鳴く境内は、秋の花たちにはまだ早く、夏の花たちはまた来年。
こういうのを端境期と言うのでしょうか。

花の寺、東慶寺にしては緑が勝ちすぎている感じではありますが、これも良し。笑

P8240069-12.jpg

エアポケット? 時の? 次元のはざま?

夏の終わりも近付くお寺の境内で、ほんの一時。静かな不思議な一時は、

季節とシンクロの刹那。

P8240073-12.jpg

Walkman で連れて行ったのは、これもお気に入りのピアニストの一人、

アンヌ・ケフェレックさんの新譜、モーツァルトのピアノソナタ、K.333、K.332、K.331.

どれもチャーミングで可愛らしい素敵な曲。

P8240098-12.jpg

もちろん大好きなピリスのピアニシシモのロマンチックな演奏、ギャロップしている様な快活なリリークラウスの演奏、最近興味津々な自由奔放? グルダの演奏。

どれも甲乙付け難くて、それぞれの季節やその時の感情、シチュエーションとかで選ぶしかない素敵な演奏が沢山あるのですが、

こんな時、

P8240082-12.jpg

少し体と心が疲れている時は、優しく全てを委ねてしまえるようなアンヌさんの演奏が良いな。


とんがっていなくて、聴いていて心の中に優しさが染み入ってくるような演奏です。
そうそう、母が風邪をひいた時に作ってくれた、子供の頃の、小さな小梅を添えた暖かなお粥の様な… 。

冷たい麦茶と相まって少し暑い境内でしたが、とても素敵な時間を過ごすことができました。

P8240083-12.jpg

アンヌさんのK.333 を聴きながらファインダーから覗いていたら、

白と黒のネコ君が !!

なななんと~ !!  東慶寺の梅の古木にすっぽりと収まって、心地よさそう。

鳴いている小鳥を見ているのかな?

P8240087-12.jpg

と、

「何を見ているの? 」とでもいう様に、目があってしまいました。^^;

何年か東慶寺に通っていますが、このネコ君とは初見です。このおさまりの良さ、堂々とした所作。

きっと東慶寺さんのネコ君(ちゃん)なのでしょうね。

はじめまして、よろしく。

P8240088-12.jpg

切れ長の涼しい目、可愛いな。

また会えると、今度はもっと近くで会えるといいな。

P8240049-12.jpg

誰もいない東慶寺、何だか贅沢な時間。 でも、

久し振り過ぎる OLYMPUS のカメラたちは何となくよそよそしく、しっくりときませんでした。

P8240108-12.jpg

北鎌倉も。

P8240106-12.jpg

でも、閉店してしまったかと思っていた Boon Bakery さんがやってました。

この焼き立てパンの匂いは、以前から、北鎌倉散歩の締めくくりのとても好きな匂いです。

焼き立てのバゲットの生地がぱちぱちと音を立てるのも、Boon Bakery さんのパンで初めて聴きました。

なくなってしまったと思い残念に思っていましたが、これでまた北鎌倉散歩の楽しみの一つが復活です。

P8240053-12.jpg

嬉しくなってついつい一人では食べきれない位のパン、それについでに、

成城石井お勧めの赤ワインも買ってしまいました。

P8240056-12.jpg

帰って来て、まだ12時前ですが、ワインをゴクゴク。

まだ「真」の付く昼間ですが、嬉しいから良いのかと 笑。

P8240061-1 (2).jpg

久し振りの北鎌倉の締めくくりは、やはり、美味しいワインと美味しいパンです。

ようやく風邪も終わり間近かなと ?

夏が去ってしまう前に、もう一度、アンヌさんのピアノと一緒に北鎌倉散歩に行きたいと思っています。

モーツァルトがなくバッハですが、アンヌさんの演奏を一つだけ。



" Kitakamakura Tokeiji & Mozart Piano Sonata K.333 Anne Queffelec "
nice!(63)  コメント(42) 

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道展」に滑り込み ^^; :20190803 [展覧会]

興味津々の展覧会をリストアップした「2019年行きたいものリスト」のおかげで、

順調にリストの展覧会を鑑賞することができています。

P8030236-12.jpg

・三菱一号館美術館 ラファエル前派の軌跡展 
・パナソニック汐留ミュージアム ギュスターヴ・モロー展 " サロメと宿命の女たち "
・東京都美術館 クリムト展 " ウィーンと日本 1900 "
今年のじぶんのテーマ、ファム・ファタールを追いかけてきて、 

そして4番目は、
国立新美術館の「ウィーンモダン展 " クリムト シーレ 世紀末への道 "」展。

東京の会期は8月5日までで、訪れたのは3日でしたのでギリギリの滑り込みでしたが、

P8030239-12.jpg

チケットを買ってあったこの展覧会、

無事に4つ目をクリア。

P8030244-12.jpg

3日は国際展示場で「ドラクエ夏祭り」があったので、ますそちらの様子をさくっと見てから、

いつもよりずっと遅い12時過ぎに美術館に着きました。

いつもより遅い美術館は展示室に入るのにも誰も並んでおらず、割と空いている状態でストレスフリー。

ゆっくり、ウィーン世紀末の芸術を楽しむことができました。

P8140130-12.jpg

「クリムトとシーレ」と銘打っているので、それがメインなのかと思いましたが、もちろんクリムトとシーレの作品は多めでしたが、それだけではなく、

P8140102-12.jpg

19世紀末のウィーンの家具や食器などの工芸品、

P8140103-12.jpg

女性のドレスや装飾品、

P8140105-12.jpg

ヨハン・シュトラウスやシューベルト、マーラーなどの音楽等、

世紀末ウイーン独特の芸術文化の総合展覧会とでもいうべき、見所たっぷりの展覧会でした。

≪ フランツ・シューベルトの眼鏡 ≫
P8140106-12.jpg

シューベルト、起きてからすぐに作曲できるようにと眼鏡をしたまま寝ることもあったとか?

金属フレームの小ぶりなメガネ。

学校の音楽室に飾ってあったかな? おなじみの肖像画と共に、実際にシューベルトが掛けていたメガネも展示されていて、

シューベルトのピアノソナタ大好きなじぶんです、興味津々で鑑賞させてもらいました。

≪ 作曲家フランツ・シューベルト ヴィルヘルム・アウグスト・リーダー ≫
P8140108-12.jpg

もちろん絵画芸術も多くの画家の多くの作品が展示されていて見どころ十分。あまり見たことのない作品も。

ハンス・マカルトの作品は中でもとても気になりました。


ハンス・マカルト(840年~84年)はザルツブルグ生まれでミュンヘンで学び、1869年に皇帝フランツ・ヨーゼフ
Ⅰ世にウイーンへ招聘され、それ以来この時代の大スターになったとのこと。

「画家のプリンス」と呼ばれた19世紀後半のウィーン美術界を代表する画家さんなのだそうです。

展覧会では 64cm×285.3cm の大きな「1879年の祝賀パレードのためのデザイン画」も展示されていましたが、

この「ドーラ・フルニエ=ガビロン」と全部で3点の女性の肖像画は素敵だなと思いました。

単なる肖像画でなく、
作品全体から感じるのは象徴主義の作品の様、こころに直接訴えかけてくるものを感じました。

今まで意識していなかったのか? 初めて見たのか? 分かりませんが、ハンス・マカルト、要注意人物だなぁと…。

帰って来て色々調べて、ミュシャやクリムトにも影響を与えているとか。

やっぱり、なるほど。

≪ ドーラ・フルニエ=ガビロン ハンス・マカルト ≫
P8140111-12.jpg

この作品はとっても見たかったのです、クリムトのパラス・アテナ。

1897年、クリムトはウイーン分離派を立ち上げますが、このパラス・アテナはウイーン分離派の代表作として世に示された重要な作品だとのこと。

戦いの女神の姿に、既存の保守的な美術界の巨大な勢力に立ち向かう、自分たちの意思を明確に示したのであるとのこと。

≪ パラス・アテナ グスタフ・クリムト 75×75 ≫
P8140114-12.jpg

メルクマールとして貴重な作品であることと共に、

都美術館のクリムト展で見た「ヌーダ・ヴェリタス」が、パラス・アテナの手の上に描かれていることを知り、

是非ともこの絵も見たかったのです。

都美術館のヌーダ・ヴェリタスが右手に鏡を持っているの対して、パラス・アテナの方は左手に鏡を持っていますが、その他は髪型も体つきもほとんど同じでした。

≪ パラス・アテネの右手のひらの ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実) ≫
P8140117-12.jpg

エミーリエ・フレーゲの肖像にも会うことができました。

生涯結婚しなかった(但し子供は14人)クリムトですが、たぶん一番親しくて一番愛していた女性エミーリエ・フレゲー。

ヌーダ・ヴェリタスはクリムトのファム・ファタールの一人だということですが、

そう言えば、ヌーダ・ヴェリタスの髪型や顔付きはエミーリエによく似ているなと。

≪ エミーリエ・フレゲーの肖像 グスタフクリムト 170×80 ≫
P8030251-12.jpg

そして、シーレ !!

シーレも大好きな画家の一人です。でも、日本ではまとまって見る機会が少ない画家。

じぶんが見た中では今回の展覧会が作品数では一番多かったでしょうか。まとまってシーレの作品を見ることができました。


自画像…、向かって右側の髪の毛の後ろには人の顔の様なものがあって、一見長髪に見えたりしました。

その他にも、

じっと見ていると色んなものが見えてきて不思議になってきて、宿題を沢山もらった作品でした。

買ってきた図録の解説では、ゴーギャンの「黄色いキリストのある自画像」との関係性が指摘されているんだそうです。ゴーギャンの作品からインスピレーションを受けているんだとのこと。


宿題の一つで一番気になっているのは、左手の指の開き方。

中指と薬指を開いてのポーズですが、何だか開き方としては不自然に思え、シーレの何かのメッセージかなと?

全然関係ないですが、映画スタートレックのバルカン人、スポックの挨拶でこういうポーズがあったのを思い出しました。

バルカン人のサインでは「長寿と繁栄を」という意味ですけれど…。

≪ 自画像 エゴン・シーレ 27.5×34 ≫
P8140123-12.jpg

一目見て、ゴッホだ !!

ゴッホの「アルルの寝室」にインスパイアされて描いたのだろうとのこと。

この展覧会の後に松方コレクションにも行ったので、ゴッホの絵も直接見てきた今では、その思いはもっと強くなっていますが、

ゴッホの絵と比べると窓もないし色彩からもだと思いますが、孤独とか静けさとか神経質さとか…そんなものを強く感じます。

≪ ノイレングバッハの画家の家 エゴン・シーレ 40×31.5 ≫
P8140127-12.jpg

そして「ひまわり」です。

これもきっとゴッホのヒマワリを見て触発されてなんだろうなと。でも、ゴッホやその他の画家たちが描くヒマワリとは全然違っているな。

普通ヒマワリを描くなら黄色いあの花を描くのでしょう…。

解説によると、
「乾ききった花はわずかに傾き、疲れてうなだれた様子を思い起こさせるだろう。人間の動きを花のそれへと変容させることで、この植物の絵は植物の肖像画へと変わるのだ。」

シーレの絵でじぶんの好きなものの一枚に「4本の木」がありますが、シーレの植物、風景画もとても好きです。

ちなみに、この展覧会で見た絵の中では、この絵に一番惹かれました。

うなだれて肩を落とし、枯れいくのを待つようなひまわりですが、その下には花が咲き誇っていて、枯れるだけでなく再生とか次の世代への継承とか、そんなものも感じる作品でした。

繊細な線、独特の色彩とモチーフ etc etc…、やっぱりいいです、シーレ !!

もっともっと見てみたい画家です。

≪ ひまわり エゴン・シーレ 149.5×30 ≫
P8140125-12.jpg

作品数が多く見どころ満点の展覧会は約2時間くらいの鑑賞でした。

展示室から出てみると、あれれ、入るのを待つ人の列ができていました。

いつもより遅めの美術館でしたが、良い時に入ることができたのかもしれません。

P8030254-12.jpg

喉が渇いたし長く立っていたので、

新美術館の2F、サロン・ド・テ・ロンドさんで休憩です。

先ずはビール。

P8030266-12.jpg

それから、

「マクシミリアン・クルツヴァイル 《黄色いドレスの女性(画家の妻)》 のモチーフをイメージ。

 鮮やかな黄色と女性が醸し出す優雅でフェミニンな雰囲気を表現した一皿。 」と言うことで、

≪ 黄色いドレスの女性 マクシミリアン・クルツヴァイル 171.5×171.5 ≫
P8140120-12.jpg

ウィーン・モダン展 特別ケーキセット、
 
「パッションフルーツとチョコレートのムースケーキ ヴァニラのマカロンを添えて」を頂きました。

P8030255-12.jpg

前売り券を買う時にどうせならと、グッズの付いているものを買っていますが、

今回の前売券のグッズは「デメル ショコラーデントルテ」でした。

オーストリア・ウィーンを代表する老舗洋菓子ブランド「DEMEL(デメル)」の人気焼き菓子「ショコラーデントルテ」と言うことで、

ケーキも甘すぎず美味しく頂きましたが、

P8040025-12.jpg

箱も《エミーリエ・フレーゲの肖像》のモチーフからデザインされた限定パッケージでした。

普段は知らず知らずの内にたまってしまうので、

パッケージ類は捨ててしまうのですが、これは綺麗で捨てられずとってあります。何を入れようかな ?

P8040037-12.jpg

今年の展覧会のじぶんのテーマは、ファム・ファタール。

展覧会も良い流れで鑑賞できていて、色々な画家の色々な思いのこもっているファム・ファタールを見ることができ、色々と思うことがあるし面白かったのですが、

最後に、もう一枚見たい絵があります。

それを見て今年のテーマのファム・ファタールは締めくくりにしようかなと、思っています。


長かったお盆休みも今日でおしまいです。遠出はしなかったものの友達と会ったり、展覧会に行ったり、映画館にドラクエを見に行ったり、その他、割と普段できないことをしましたが、

締めくくりに夏風邪をひいてしまいました。

長めの休みだと気がゆるんだり、リズムが崩れたり etc etc…。貧乏性 ?


" 2019/08/03 Vienna on the Path to Modernism "
nice!(66)  コメント(44) 

横浜みなとみらいの日の出とグルダのMozart Pcon21:20190804 [横浜のみなと]

モラトリアム、

まだどんな風に染まるのか、決めかねている横浜の夏の空。

P8040019-12.jpg

ぼくの他には誰も乗っていない根岸線の6号車。

いつもの駅はちょうど目覚めたばかり。

前の日に少し飲み過ぎて二日酔い気味でしたが、shiri がちゃんと3時40分に起こしてくれました。

P8040276-12.jpg

桜木町で降りて日本丸と観覧車の横を通り過ぎ、海の方へと向かいます。


つま先のニコッと笑った青い線とかかとの青髭。スニーカーは白のコンバースのジャックパーセル。

Amazon のプライムデーで買ってこの日初めて履きました。

スニーカーの中では一番履き心地が良くて気に入っているジャックパーセル。

自然に足取りも軽くなります。


大観覧車を見上げ横断歩道を渡ると、心地よい風が頬にあたって。

そうそう、この感じです。

しばらくさぼっていましたが、風が思い出させてくれました。 この感じ。


モラトリアムの朝。

横浜の港。

P8040281-12.jpg

日の出には間に合わないなと思ってのんびり歩いていましたが…、

P8040295-12.jpg

わぁ~ !!

間に合ってしまいました。

P8040298-12.jpg

烏骨鶏の玉子?

第4番惑星 ?

P8040306-12.jpg

墨絵の景色の中に、

P8040042-12.jpg

本当に本当に真っ赤に燃えた火球。

P8040048-12.jpg

正月の初日の出以来、

P8040314-12.jpg

そうそう、ですから気が付いてみれば、

新元号、令和になって初めての横浜の日の出です。

P8040061-12.jpg

8月4日の臨港パーク、

P8040320-12.jpg

釣りを楽しんでいる人、

日の出の写真を撮っている人、

仲良く缶コーヒーを飲みながら景色を眺めているカップル。

P8040323-12.jpg

朝ごはんを探しているのかな ?

気持ち良さそう。

オレンジ色に染まり始めた空を飛んでいく鳥たち。

P8040325-12.jpg

石段に腰を下ろして持ってきたアイスコーヒーを飲みながら、

そんな景色の中にじぶんもまぜてもらいます。

P8040330-12.jpg

この日連れて行ったのは、フリードリッヒ・グルダ、

Mozart Piano Concerto No.21 K.467 です。

P8040070-12.jpg

しばらくじぶんの中ではアナログレコードブームで、

ジャケットからレコードを取り出して、シュッとスプレーを一吹き。

クリーナーで埃を取りターンテーブルに載せ、針を盤面に落として…、素敵な時間を過ごすための儀式。

P8040340-12.jpg

CD とは違ってひと手間 ? 二手間 ? 多くなりますが、コーヒーを飲むのにミルで豆を挽くのと同じように、

日常離脱 OFF の儀式。

柔らかな音達が、静かでふくよかな時間を演出してくれるように思います。

P8040345-12.jpg

レコードはまだきっと200枚くらいはあるのですが(ちゃんと数えてませんが)、

一枚一枚、風干し ?

P8040351-12.jpg

ビニールの袋からジャケットを取り出すと、懐かしい古本屋さんの様な匂いと共に、

それぞれ一枚一枚、買った時のこととか、聴いた時の当時のこととかを思い出します。

P8040356-12.jpg

学生の頃は 2,500円程が定価だった LP レコード、月に一枚くらい買うのがやっと。

聴きたくて聴きたくて、アルバイト代が入るとお店へ。

P8040079-12.jpg

ジャケットの解説を読みながら、何回も聴きました。

HMV で5枚買うと30% オフとかにつられ、一度に何枚も買う様になった今とはだいぶ違いました。

その分、一枚一枚、思い入れがあるアナログ君たちです。

P8040366-12.jpg

虫干し、風干しをしていて、グルダのモーツァルト、

Piano Concert No.21 K.467 スワロフスキー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1963年6月6日録音

に再会してしまいました。

P8040373-12.jpg

針を下ろした途端びっくり。変わった演奏だったなとおぼろげな記憶はありましたが…。


K.467 は最初の出だしはオーケストラだけのはずなのですが、

グルダは最初から引き出してしまうんです。 わぁ~ !!

流石ジャズも弾いていたグルダだなぁ~ !!

P8040084-12.jpg

面白い、面白い !!

どうせ、日常離脱の時間ならば、この位のモーツァルトが面白いなと。

P8040383-12.jpg

聴き進めると、第一楽章から第三楽章まで、アドリブや装飾音がたくさん入っていました。

往年のピアニストの演奏、ホルヘ・ポレットとかワルター・クリーンとか、

アドリブが入っているものがありますが、全曲こんなにすごいのはそんなにはないのかと !!

P8040092-12.jpg

若い頃はかちっとした「きちんとした」演奏が良かったからでしょうか、

グルダはそんなに聴いていなかったので、この年になって聴いて新鮮に思われたこと、

そして、

アルゲリッチ姉さんのお師匠さんでもあり、アルゲリッチがモーツァルトをあまり弾いていない理由の一つに、

「モーツァルトはお師匠さんが弾いているので」と語っていること等で、

グルダのモーツァルトを少し聴いてみたくなりました。

P8040395-12.jpg

グラムフォンから「フリードリッヒ・グルダ MOZART THE MOZART TAPES CONCERTO & SONATAS」、

CD 10枚組が出ていたのでそれをゲットしました。

P8040103-12.jpg

CD の K.467 はアバドとの演奏で、LP 程のアドリブ装飾音はなかったけれど、

それでも普通の演奏に比べると自由です。

良いな、グルダ ♪ 

P8040419-12.jpg

最近は沢山聴いています。

Walkman で通勤にも、そして、この日も。

P8040106-12.jpg

濱の朝の景色、

海面に煌めく金色の光の粒子たち、

グルダのピアノ、

キラキラ キラキラ ♪

P8040421-12.jpg

冷たいアイスコーヒーを頂きながら、しばらくぶりの濱の早朝コンサート in Walkman ♪

P8040438-12.jpg

キラキラの光と音達の時間をゆっくりと楽しみました。

P8040487-12.jpg

最近は出不精になっていて、クーラーの効いた涼しい部屋で過ごすことが多くなっていますが、

P8040146-12.jpg

夏は好きだし、

写真も撮りに行かないと撮り方を忘れそうだし… orz www

P8040494-12.jpg

このお盆休みは色々と近場ですが、出かけてみたいなと思っています。

P8040154-12.jpg

こんなに素敵な景色と風と光と。

P8040164-12.jpg

近くに居るのだから、もったいないかも ?

P8040166-12.jpg

そんなことを思いながら、久しぶりの記事アップの日曜日。

P8040513-12.jpg

お盆休みの二日目、

これから、電脳仲間達に会いに秋葉まで出かけて来ます。

P8110062-12.jpg

長く使っていた IBM のキーボードがそろそろダメになってきた様なので、使いやすいものがあればキーボードと、

今のメインPC の起動ドライブをHDD から替えてみようかと思っているので、

SSD の良いものがあれば買って来ようかな等と思っています。


暑いです、じぶんも気を付けますが、皆さんも熱中症等にお気を付けください。

" 2019/08/04 Yokohama Minato-Mirai & Gulda Mozart PianoConcerto K.467 "
nice!(67)  コメント(44)