So-net無料ブログ作成
訪れたところ色々 ブログトップ
前の10件 | -

ホテルミラコスタ_2019ディズニーランド_3:20190914 [訪れたところ色々]

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、9月中旬に訪れたミラコスタとディズニーシーのお話の続きです。


ミラコスタで目覚めてカーテンを少し開けて外を覗いてみると、

ディズニーシーはまだまどろみの中。 両腕に灯りを吊るして、案山子君たちの世界。

P9140391-12.jpg

それでも清掃の方達が。この日の準備なのでしょうか?

メディテレーニアンハーバーの周りは少しずつ目覚めの時間の様です。

じぶんたちもそろそろ起きて準備。


「ハッピー15エントリー」のアドバンテージは活かさないと。

「ハッピー15エントリー」はディズニーのホテルに宿泊すると、開園の15分前に入場できると言うものです。

アトラクションに早く並べる、ファストパスを早く取れる etc etc…、使えるアドバンテージ !!

P9140392-12.jpg

「ハッピー15エントリー」、30分くらい前に並びましたが、既に列の後ろの方でした(ホテルに泊まっている方達もかなりの人数です)。

それでもパークに早めには入れ、無事にこの日の目的の一つでもあった「SOARING」のファストパスをゲットすることができました。

P9140407-12.jpg

ファストパス、
今までは発行場所に並んで取得していましたが、スマホのアプリで取るようになっていました。
なんでも、ネット、アプリの時代なんですね。 ^^;

ディズニーリゾートに出かけられるときは、あらかじめディズニーアプリをいれておくと良いと思います。

P9140415-12.jpg

無事にファストパスをゲットしたじぶんたちは、一度ホテルに戻り(ディズニーシーとホテルは自由に行き来出来ます)、ロビーラウンジ「ベッラヴィスタ・ラウンジ」で朝食です。

P9140417-12.jpg

メディテレーニアンハーバーの景色を楽しみながら、ブレックファストブッフェを頂きます。

ブッフェだと、これも毎年のことですが、ついつい取り過ぎで食べすぎてしまいます。 ^^;

たくさんお皿に取って、のんびりゆっくり。コーヒーも2杯もお替りしてしまいました。

P9140422-12.jpg

朝ごはんを頂いたら次は、

初めての「ソアリン:ファンタスティック・フライト」!!

わくわく ♪ どきどき ♪

P9140428-12.jpg

ソアリンは新しいアトラクション。ディズニーシーにはこれを目当てとしていらしている方達が多いのでは、すごい列ができていました。

すごい人気で並ぶと3時間くらいかかるとか? @@;

でも、じぶんたちはファストパスのお陰でさくっと入れ、さくっと準備完了。

大きな3段のブランコの様な乗り物に座ってベルトを締めれば、そこは~~!!

もう空の世界です。

P9140433-12.jpg

元々飛行機大好き、飛ぶの大好きなじぶんですから、面白いこと楽しいこと半端じゃないです!!

タージ・マハル、万里の長城、ピラミッド、キリマンジェロetc etc…、世界の有名な場所の上をスイスイ。気持ちいい~!!

本当に空にいる様、空を飛んでいるみたいです。色々な所を飛ばさせてもらいましたが、一番はすごかったのは、一番最初のシーン。
雲の中から出ると突然、スイスのマッターホルンの上空。すごい景色でした。

とっても面白かった!! 満足。

PA130008-12.jpg

ソアリン、横並びのライドに座ってスタートですが、ライドの高さは3段階。

P9140435-12.jpg

どこに座るかによって中心に見えるものが変わるとのことです。

例えばアフリカの草原のシーン、
中心に座るとゾウの群れが見えるし、左端だと喧嘩しているゾウ。右端だと転んでいる子ゾウが見えるそうです。
どの席もその席に応じた景色を楽しむことができるのですね。

今回は一番下のライドでしたが、次回は上の2段目か一番上に乗ってみたいな。

P9140449-12.jpg

ソアリンを楽しみ再び部屋に戻ってしばし休憩。


パークで今年のグッズ「秋の冒険」がテーマのジェラトーニを見つけてしまいました。
ミミズクのジェラトーニ、この子とても可愛すぎです。

思わず、娘にお金を渡し買ってきてもらいました。
このジェラトーニ、ねこねこしていて? ツボにはまってしまいました。

P9140459-12.jpg

パーク内では腕に付けて歩いていましたが、

帰って来てからは部屋のカーテンホルダーです。今も横からこっちを向いてます (笑)。

P9140456-12.jpg

チェックアウトの手続きも簡単になっていました。

テレビで案内される方法を操作すると、フロントに立ち寄らなくてもチェックアウトできてしまいました。

荷物だけ預けて、再びディズニーシー、パークへ。

P9140477-12.jpg

メディテレーニアンハーバーから、アメリカンウォーターフロントの方へ向かいます。

朝は雨も降っているこの日でしたが、昼頃になると青空で、とっても良い天気。

ハロウィンの期間はコスプレ?
仮装してパーク内を楽しむことができます。色々なコスチュームの方達がいましたよ。

P9140483-12.jpg

アメリカンウォーターフロントのこの辺りの景色、

P9140486-12.jpg

いつ来てもカメラを向けたくなってしまいます。

18年も経つし、鉄橋の感じも渋い感じになってきたなぁ~ !!

P9140488-12.jpg

ハロウィンのディズニーシーですから、

あちらこちらにハロウィン仕様のディスプレーがありました。
フォトスポットにもなっていて大勢のゲストの方達が記念撮影中。

P9140490-12.jpg

じぶんたちはエレクトリックレールウェイに乗ってポートディスカバリーへ。

一番前の席に乗れました。

P9140494-12.jpg

エレクトリックレールウェイから、アメリカンウォーターフロントの街並みを楽しみます。

すれ違いの電車に向かって手を振ると、あちらの方達も手を振ってくれましたぁ !!

みなさん、ここでは心優しくなってしまうみたいです 笑

P9140495-15.jpg

ポートディスカバリーでは、水の上で突然方向を変えたり、くるくるくるくる回ったり、

夏だとびしょ濡れになるアトラクション(この季節はびしょ濡れはなしです)、アクアトピアで楽しみました。


ショーの時間になるので、再び、今度は歩いてメディテレーニアンハーバーに戻ります。

P9140497-12.jpg

昨日、部屋の中から全体を見て楽しんだ「フェスティバル・オブ・ミスティーク」ですが、

引いたら抽選にもあたってしまい ^^; ショーの間近でも鑑賞です。

P9140573-12.jpg

部屋の中、ハーバーを上から全体を俯瞰するように見るのも良いですが、

P9140578-12.jpg

間近で見たショーは、ダンサーの方達の衣装が風を切るような音も感じ、

音も光も火も臨場感満点で、迫力は半端なくすごかったです。

P9140585-12.jpg

抽選に当たって間近でショーを見た後は、

P9140590-12.jpg

うちはまだ誰も経験していない「タワー・オブ・テラー」を横目にしながら、

娘が小さい頃から怖いと言って乗らず…、結局そのまま今迄… ^^;

次に来た時にはチャレンジ?? ^^;;

P9140593-12.jpg

BIG BAND BEAT へと。

これも抽選に当たってしまいました。ここで今年の運を使い果たすのもなぁ~ ^^; と誰かが ^^;

でも、BIG BAND BEAT 、ミッキーがドラムで活躍するのは同じですが、以前に見た時と内容も出演者も変わっていました。

こちらも迫力のオールドジャズをたっぷりと楽しませてもらいました。

P9140607-12.jpg

喉が渇いたのでカフェ・ポルトフィーノに入って、

じぶんはサルメリアピアットと冷たいビールを頂きました。ディズニーシーはビールが飲めるので良いですよね。

P9140617-12.jpg

娘はパスタとブルーベリームース&カシスゼリー、スーベニアカップ付き。

デザートもですが、このスーベニアカップが欲しかった様子。

P9140622-12.jpg

冷たいビールを頂いてたくさん歩いた疲れをゆっくりと癒していると、

P9140623-12.jpg

夕暮の時間。

P9140628-12.jpg

ディズニーシーの一番きれいな時。

P9140635-12.jpg

雲も沢山ありましたが、それがまた良い仕事をしてくれて、

ディズニーシーの夕暮をなお一層素敵な景色に…。

P9140646-12.jpg

ビールで元気になって、マーメイドラグーンへ。

P9140651-12.jpg

ここも思い出の場所です。

娘をまだベビーカーに乗せて連れて来た時によく遊んだところです。

P9140672-12.jpg

ブローフィッシュ・バルーンレースや、ジャンピン・ジェリーフィッシュ、

外ではスカットルのスクーターetc etc…、

楽しいアトラクションは思い出いっぱいです。


アリエルのプレイグランド、宝箱を覗いたり洞窟を探検したりしていて、色々なものを発見したり…、

何十年かぶりに懐かしく遊んでしまいました。 ^^;

P9140676-12.jpg

アラビアンコーストを通っていくと、

P9140683-12.jpg

アリエルの城もライトアップされていて黄昏時、とっても素敵でした。

P9140697-12.jpg

とっぷりと日の暮れたメディテレーニアンハーバー、

P9140703-12.jpg

夜の暖かいオレンジ色の灯りたち、

P9140707-12.jpg

この優しい光に送られ、

P9140714-12.jpg

そろそろ、楽しかった今年のディズニーリゾートでの一時も終わりに近づいてきました。

今年のディズニーリゾートも色々な思い出を作ってくれました。

P9140718-12.jpg

セピア色の光の中、

少し歩き過ぎて脚は疲れているけれど、ディズニーリゾート、

P9140720-12.jpg

この光の中、

前のこと、娘のこと、家族のこと、色々、

色々とあったこと達…etc etc…、色々と色々と思い出します。

P9140730-12.jpg

そして、今年あったこととかも、良いことも少し嫌だったことなどもあったけれど、

それらを全て包んでくれて、セピアに。

P9140729-12.jpg

また、来年も、きっと。

P9140737-12.jpg

少し長くなってしまいましたが、

これが今年のディズニーリゾートのことでした。

一年に一度のじぶんのささやかな楽しみの一つ。

PA130009-12.jpg

ミミズクのジェラトーニと、

肩乗りのおばけちゃんを捕獲してきました。このおばけちゃん、ショップでは売り切れていていましたが、ネットで捜してみるとパーク内であれば注文できるとのこと。

帰り際にネットで注文すると後日宅配便で届きました。

まだパーク内をこれを肩に付けて歩いていません。ハロウィンの期間内に付けて出かけられるかな?? ^^;

" 2019/09/14 Disney Resort "
nice!(34)  コメント(10) 

ホテルミラコスタ_2019ディズニーランド_2:20190913 [訪れたところ色々]

2019年、令和元年のディズニーリゾートでのお話の続きです。

P9130224-12.jpg

リゾートラインに再び乗って、

東京ディズニーシー・ステーションからリゾートゲートウェイ・ステーションまで。

P9130255-12.jpg

IKSPIARI もハロウィンモード。

土日でなくて金曜日の夜ですから、ここものんびり。静かな時は引き続きです。

P9130256-12.jpg

ビールとカクテルと、それからそれから…、

お酒を色々と頂いて、

お腹が空きました。

P9130233-1 (2).jpg

お酒を頂くと欲しくなるのは !!

やっぱりこれと、


IKSPIARI のフードコート、イクスピアリ・キッチンの笑福厨房さんで、芝麻担担麺を頂きました。

P9130236-12.jpg

スープは真っ赤っか~~でしたが、

辛さもちょうど良く(アルコールで幾分マヒしているこの時のじぶんにはちょうどでした… ^^;)、

美味しく頂きました。

P9130239-12.jpg

お腹も満ち満ちて、満足満足のじぶん達、

P9130273-12.jpg

IKSPIARI を少しの間そぞろ歩き。

P9130276-12.jpg

夜のウィンドウは、昼間とは違う感じ。

P9130261-1 (2).jpg

IKSPIARI もハロウィンだから??

P9130270-12.jpg

連れて行ったのは、この前買った 12-200mm F3.5-6.3。

P9130279-12.jpg

F値があまりなので…、夜はダメかなと思いましたが、

E-M1 とのコンビだと、そこそこ撮れることに気が付きました。

P9130281-12.jpg

これだと、

E-M1 MrⅡも欲しくなるなぁ~ ^^;


消費税が上がる前までもう少ししかないけれど、買ってしまおうか?

いえいえ、それは無謀と言うもの? でも、このレンズで試してみたいかも?? ^^;

などと思いながら…。

P9130288-12.jpg

時刻ははこの位になっていました。

初代ミッキー時計は電池があるのにもかかわらず、時々動く状態なので、

某密林で2代目のミッキーをゲットしておきました。 

TDL ならば時を刻むのも !! そう我らのミッキー・マウスです。


再び、リゾートラインに乗って、

P9130292-12.jpg

わぁ~!! 良い感じだなぁ~。

本当の空? 思わず目をごしごし。


夜を通して空が透き通っていました。

P9130296-12.jpg

静かな静かな透き通った空。

そして、

P9130300-12.jpg

ホテルミラコスタでのゆっくりの時間。

P9130301-12.jpg

部屋に戻ればメディテレーニアンハーバーはセピア色でした。

P9130305-12.jpg

特等席です。

P9130307-12.jpg

今宵のメインイベント !! ショータイム !!

P9130309-12.jpg

ファンタズミック、

夜のメディテレーニアンハーバーが舞台、

P9130317-12.jpg

ミッキーが繰り広げるナイトエンターテイメント。

P9130334-12.jpg

" 夜のメディテレーニアンハーバーを舞台に、魔法使いの弟子となったミッキー "

P9130338-12.jpg

" イマジネーションの力を信じてディズニーファンタジーの世界を創造していきます ""

P9130343-12.jpg

" 壮大なナイトエンターテイメント "

P9130351-12.jpg

長い間、ディズニーシーのこのハーバーで自分たちを楽しませてくれたファンタズミックですが、

P9130356-12.jpg

2020年3月25日で公演は終了なのだそうです。

終ってしまうのはとっても残念。

来るたびに、たくさん楽しませてもらえて、その年ごとの思い出があります。

P9130359-12.jpg

頑張れミッキー、

頑張れイマジネーションのパワー。

P9130360-12.jpg

悪の化身、ドラゴンを倒せば、お祝いの歓喜の時。

P9130363-12.jpg

窓の外が明るくなりました。

P9130368-12.jpg

娘が子供の頃から……、

P9130374-12.jpg

ベビーカーに乗せ、ごめんなさい、

京葉線の中、邪魔になったと思います。それでも、娘がとても楽しそうでした。

P9130378-12.jpg

毎年、成長と共に新たな思い出。

皆でげらげら…geragera … 笑 笑ったり。

こんな楽しい国でも、ちょっとの諍い、ぷんぷん…punpunpun …。

色々なことがありましたが、今、思い返せばどれも楽しい思い出。

P9130382-12.jpg

そんなことが重なり通い始めて20年です 笑笑。

結構長いこと通ったなと…。

P9130388-12.jpg

ミラコスタの夜は、

再びのラウンジ「サローネ・デッラミーコ」でモレッティをもう一杯……。

P9130213-12.jpg

そして、おやすみなさい…ZZZZZZZZZZZZZZZZ……ZZZ

" 2019/09/13 Disney Sea & Fantasmic! "
nice!(64)  コメント(38) 

ホテルミラコスタ_2019ディズニーランド_1:20190913 [訪れたところ色々]

何回か通っているとそこが良くなって、

P9130038-12.jpg

他にも選択肢があるのに、そこばかり行ってしまう様に。


経年劣化で冒険心がなくなるから?

単にそれが一番好きだから?

P9130019-12.jpg

その辺はじぶんでも良くは分からないのですが、

仕事で地方の街に行った時も、一年ぶりだとあの店の蕎麦が食べたいとか、ラーメンが食べたいとか、

知らず知らずのうちになじみの店ができていて、

他のところも開拓したい気はするのですが、どうもそちらが優先してしまう。

そんな風に。

P9130023-12.jpg

一年に一度のディズニーリゾートも、

舞浜の駅を出て、IKSPIARI に行けば、イタリアンレストランの " ピッタ ゼロゼロ " さんです。


冷たいビールを飲んで、

P9130027-12.jpg

そうそうこの味です !! ピッタゼロゼロ特製 生パスタ “カルボナーラ” !!

半割りして大きなお皿の形になったパルミジャーノチーズの中に、なんと !!

半分仕上げた生パスタを入れてとろとろ~チーズをたっぷりと、さらに、さらに~と絡め、目の前で仕上げてくれます。

他にももっと美味しいものがあるのでしょうが、ここ最近はずっとこのお店でこれです。


生パスタもちょうど良い茹で加減。 

それに、なんといってもパルミジャーノチーズの風味が120%、食欲を誘いまくりです。

P9130032-12.jpg

先ずは美味しいものを頂き、興奮状態が少し落ち着いて、

東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターでチェックイン。

P9130057-12.jpg

リゾートラインの 2DAY PASS をもらい、

ミッキーの窓から外を眺めながら、

P9130076-12.jpg

2日間お世話になるミラコスタの最寄り駅、ディズニーシー・ステーション駅まで。

P9130082-12.jpg

駅直結の通路を通って、

P9130091-12.jpg

ミラコスタにある専用ラウンジに到着。

P9130110-12.jpg

アイスティーを頂いて(ここも紙製のストローになっていました)、

P9130104-12.jpg

専用ラウンジ、「サローネ・デッラミーコ」で係の女性の方とチェックインの手続きです。

明日の朝食は…、明日はランドですか? シーですか? etc etc…。

アイスティーを頂きましたが、

5時を過ぎるともっと美味しいものも。

P9130108-12.jpg

チェックインを済ませ、係の方が部屋まで案内してくれました。

P9130117-12.jpg

去年はディズニーランドホテルだったので2年ぶりのミラコスタ。

ディズニーランドホテルも良いですが、

ディズニーのホテルの中では、やっぱり、ここのホテルが良いかな。

P9130123-12.jpg

今年は、残念ながらバルコニー付きの部屋は取れませんでしたが、

P9130129-12.jpg

それでも窓からディズニーシーのメディテレーニアンハーバーが一望できます。

それなりに良い部屋。

P9130161-12.jpg

窓からは、ちょうどのハロウィンのショーです。

P9130136-12.jpg

フェスティバル・オブ・ミスティークが始まった所でした。

P9130138-12.jpg

" フェスティバル・オブ・ミスティーク " は今年のディズニーシーのハロウィンショー。

" 港町ポルト・パラディーゾでかつて行われていたといわれる・・・、"
" ハロウィーンの祝祭が復活!"

P9130150-12.jpg

" 妖しくも、"

P9130152-12.jpg

" 華やかに幕をあけたハロウィーンの祝祭に、"
" 邪悪な力が忍び寄ります…。"

なんて、大変なんだぁ~ ^^;

P9130176-12.jpg

" 海の魔女のたくらみにより、祝祭がだんだんと支配されていく中、"

P9130178-12.jpg

" 邪悪な力から本来のハロウィーンを取り戻すため、"

P9130184-12.jpg

" ディズニーの仲間たちが立ち向かう、"

というストーリー ♪ でしたが、やっぱり頼りになるのは女の子? ミニーなんだと見終わって ^^;


窓から、ばっちり今年のハロウィンのショーを見ることができました。

P9130192-12.jpg

ショーが終われば、

秋の日暮れがすぐにやって来て、ハーバーにも明かりが灯る頃、

P9130189-12.jpg

喉が渇いた?

そろそろ時間も良いかなと、ラウンジへ。

P9130195-12.jpg

ミラコスタだから、

先ずはモレッティを一杯。

P9130199-12.jpg

ディズニーシーの良い日暮れ具合。

セピアのにじむ頃です。

P9130206-12.jpg

モレッティの次はカクテルなど ♪

メニューの中からモスコーミュールを選んで頂きました。


のんびりとした良い時間が、

ゆっくり、ゆっくり、ゆっくりと、

P9130204-12.jpg

ただ、ゆっくりと過ぎて行きます。

こんな時間の過ごし方も一年ぶり。


いかに忙しい時を過ごしていても、みんなが笑顔になるこの国に来れば、

P9130210-12.jpg

素敵な時間の過ごし方を思い出させてくれます。

一年間、お疲れさまでした。美味しいお酒と、素敵なショーと etc etc …。

夢の国で。

P9130221-12.jpg

ラウンジ「サローネ・デッラミーコ」でほろ酔いとなったじぶん達は、

再びリゾートラインで IKSPIARI まで。

夜の散歩です。 ^^v


" 2019/09/13 Disney Resort "
nice!(60)  コメント(38) 

もんじゃと月島オフ会は満足満足 お腹いっぱいでした:20190713 [訪れたところ色々]

西の方に出かけると食べたくなるのは粉もん。 食い倒れの街、大阪のお好み焼きとたこ焼き、

そばやうどんが入って魚粉のかかった広島焼。


焼き立て熱々をはふはふ言いながら口に頬張りますが、

入れすぎて口中大変なことになった時は、冷たいビールで即消火 !! 少し焦りますが、至福の美味しさです。

最近は広島に行くことが多く、ソースはやっぱりオタフクソースだな b^^ 等と。

P7130003-12.jpg

でも、東京には東京の粉もんがあって、密かにそれも大好きなじぶんです。

浅草と月島で本家はどっちだと静かな争いもあるようですが、もんじゃ焼き!! 小さなヘラで( コテ?
これもどちらかな? )
あの独特な生地をジュッと押し付けて、ちょっとコゲのある熱々を頂くのはとっても美味しいです。


そんなじぶん、きよたんさんのオフ会が月島であるとお聞きして、即 !! はいはいはい !! 笑

7月13日土曜日、PM3時、月島駅6番出口で待ち合わせでした。

P7130007-12.jpg

皆さん無事にそろったところで石川島の方に向けて、そぞろ歩き。

それぞれカメラで好きなものを好きなだけ撮って、離れて集まって、まるで何かの魚の群れの様な感じ。


路地に入った所にある佃天台地蔵尊さん。

その前にある神社の於咲波除稲荷神社と波除稲荷神社は鳥居を共有している神社。
さし石は力比べの石だそうですが、今は持ち上げてはいけないとのこと。

可愛い雀がちょこちょこと ♪ 神さまのお使いかな?

P7130006-12.jpg

隅田川からの水路にかかる朱塗りの佃小橋。

P7130013-12.jpg

鎮守の「住吉神社」はお祭りの賑わいでも知られていますが、その時に立てられる大幟の柱、

腐食を防止するため水路に浸してあるのだそう。立て看板が佃小橋の脇にありました。

P7130016-12.jpg

ひどい降りではないですが、一応傘は差さないといけない位の雨が降っていました。

タワーマンションの敷地にあるレンガ廃墟風のアーチ? (何だろう? )の下で雨宿りをしながら、

P7130021-12.jpg

地図とスマホのグーグル君を頼りに「IHI 石川島資料館」。

どこどこ? 皆さんでで捜していると、

リバーシティ21のピアウエストスクエア1階に発見。

P7130020-12.jpg

1853年、あの「幕末の賢侯」で最後の将軍徳川慶喜のお父さん、水戸藩徳川斉昭の手によって創設された石川島造船所は、現在のIHIの母体なのだそうです。

佃工場は1979年その役割を終えて跡地はリバーサイド21の再開発地となりましたが、

ここ「IHI 石川島資料館」では、

創業から現在までの造船と石川島・佃島の歴史や文化を、資料やジオラマ模型などで紹介してくれています。

P7130022-12.jpg

古い船の図面や古地図などもあって興味津々でしたが、残念ながら資料館の中では写真は撮れませんでした。

P7130027-12.jpg

資料館を出て、リバーサイドへ。

あいにくの天気でしたが、やはり水際は気持ち良いです。

ちょうど松本零士さんデザインの船「ホタルナ」が通っていきました。

P7130028-12.jpg

これは「ヒミコ」かな?

P7130041-12.jpg

宇宙船の様な松本零士さんデザインの船は何種類かあるそうですし、その他にも色々な種類が。

P7130043-12.jpg

横浜港のシーバスには乗ったことがありますが、東京の水上バスにはまだ乗ったことがありません。

浅草、お台場、豊洲をぐるっとめぐることができるそうなので、次の機会には、

ホタルナかヒミコに乗ってみたいな。

P7130050-12.jpg

リバーサイドから佃住吉神社へ。

P7130057-12.jpg

佃のこの辺りもはじめて来ました。

もちろん佃住吉神社も訪れるのは初めて。

8月には例大祭が盛大に行われるとのことです。先ほどの大幟の柱が活躍するのですね。

P7130062-12.jpg

神社とは反対側の道を歩いている時に気付いたレンガ造りの建物も、住吉神社のものでした。

旧神輿庫なのだそうで1910年に建てられ、お神輿は新しい倉庫に入れられているそうですが、

ここも現在も倉庫として使われているとのこと。

横浜の赤レンガ好きですが、レンガ造りの古い建物を見ると萌え萌えです。

P7130075-12.jpg

住吉神社のお神輿は珍しい八角形のお神輿なのだそうですが、

八角形と言うとこんなのも。

お店の中では二人の方が箸の制作中。

P7130082-12.jpg

天気は今一、夏はまだ遠いなと言う感じでしたが、

盆踊りのシーズンでもあるのですね。

P7130083-12.jpg

浴衣姿の女の子たち、提灯にあかりが灯るのを待ちきれない様子。

P7130087-12.jpg

佃と言えば、やはり佃煮を忘れてはいけないです。

P7130089-12.jpg

美味しそうな佃煮がお店の中にずらっと並んでいました。

どれも700円~800円くらいでしたが、「うなぎあります」の張り紙ですが、

うなぎの佃煮はその3倍くらいしていました。食べてみたいけれど、ちょっとお高いです ^^;

P7130092-12.jpg

石川島からリバーサイド、佃島をぐるっと回って、月島に戻ってきました。

P7130098-12.jpg

ずらっともんじゃ屋さんが並んでいるもんじゃストリート!!

P7130100-12.jpg

もちろん、もんじゃを頂くのがメインですが、

P7130106-12.jpg

もんじゃストリートをふらっと散歩気分で歩くのも楽しいです。

P7130110-12.jpg

もんじゃ屋さんの他にも色々なお店があるし、

P7130111-12.jpg

それぞれのお店のディスプレーも趣向を凝らしていて、

カメラを持っているとついつい何度も立ち止まってしまいます。 

P7130125-12.jpg

きよたんさんが予約して下さったお店の時間にはまだ少し時間がありました。

ならば !!

P7130133-12.jpg

ちょっと寄ってく??

ぐるっと歩いて喉が渇きました。

P7130140-12.jpg

ちょっとだけです? ハートランドを一杯頂きました。

P7130146-12.jpg

もんじゃが待っているのにフライングですが、月島で頂く冷えたハートランドはとっても美味しかった。

P7130148-12.jpg

ハートランドで再びエネルギーを充填した我々6人、

P7130155-12.jpg

そうでした ^^;

P7130164-12.jpg

この日ご一緒して頂いた方達は、

P7130162-12.jpg

色々と今回もお手数をおかけしてしまいました、幹事のきよたんさん、そして、

ぼんぼちぼちぼちさん、r a n n y a nさん、英ちゃんさん、横 濱男さんと、じぶんの6人なのでした。

P7130171-12.jpg

大切なことを忘れるところ ^^;  m(_ _)m

P7130172-12.jpg

ビールを頂いた後、そろそろ時間です。

P7130173-12.jpg

予約のお店へと向かいます。

P7130179-12.jpg

月島もんじゃストリート、以前来た時とは少し感じが違っていました。

駅から通りに向かって左側は何ができるのでしょう? かなりの敷地が更地になっています。

また、高層のマンションもあちらこちらに目立っているな。


豊洲など東京の臨海部は高層のマンションが多く建築されて、かなり雰囲気が変わってきているとのこと。

そんな波が月島辺りにも押し寄せているのかもしれません。

P7130189-12.jpg

そして、

本日のメインです。

きよたんさんが予約して下さった「おしお」さんへ。

P7130194-12.jpg

月島を訪れる皆さんは、どういう基準でこんなに多いもんじゃ屋さんから一軒を選ぶのかは分かりませんが、

お客さんがまばらな店と、長い行列のあるお店がありました。

P7130197-12.jpg

ここ、「おしお」さんもなかなかの人気店の様で、じぶん達が到着すると外で待っている方達が何人も。

P7130199-12.jpg

2階に上がって一番奥の席がじぶんたちの席。

わさわさと座り始めているところへ、Rchoose19 さんが到着。

お仕事お疲れさまでした。

7人、全員揃ったところで、先ずは冷たい生でお疲れさまの乾杯です。

P7130201-12.jpg

おつまみ(枝豆でした)、鉄板焼き盛り合わせ、もんじゃかお好み焼き、焼きそばというコースをきよたんさんが予約して下さっていました。

P7130207-12.jpg

料理が来れば、さっそく鉄板でジュージュー !!

バターの香り、良い匂いはペコペコなお腹に刺激的です。

P7130209-12.jpg

コースのもんじゃ or お好み焼きは色々と選べます。

メニューから選ばねばなりませんが、冷たいビールに夢中なじぶんは、きよたんさんとr a n n y a n さんにお任せです。

お手数をお掛けしました。 m(_ _)m

P7130212-12.jpg

最初のもんじゃは「めんたいもちチーズ」。

最初の一品はお手本に、お店の女性の方に焼いてもらいました。

P7130215-12.jpg

具だけ先ずは鉄板に。

大きなへらでトントントン ♪

細かく鉄板の上で切り刻んで、

P7130219-12.jpg

手早く丸いダムを作って、

P7130222-12.jpg

その真ん中のあいたところへ、

器に残っている生地を注ぎます。溢れないように…。

P7130226-12.jpg

ぷくぶくと細かい泡が表れて。柔らかな生地が程よく固まってきたら、

P7130228-12.jpg

土手の具材を一気に潔く混ぜて~ !!

熱々の「めんたいもちチーズ」の出来上がりです。


流石、慣れているお店の方の手際は素晴らしいなぁ~…、等と感心していると、

あれよあれよという間に、一枚目は皆さんの胃袋の中です。

P7130232-12.jpg

その後も、

P7130234-12.jpg

もんじゃとお好み焼きが次から次へと6つ。

焼くのもだんだんと昔を思い出し? 上手になってきたかもしれません。

P7130238-12.jpg

大阪のお好み焼きは具材と生地を混ぜて鉄板でじゅーじゅー !!

広島焼は先ずは生地をクレープの様に焼いて、蕎麦やうどん、その他の具材を炒めて、生地で挟んで !!

そういう意味では、もんじゃはお好み焼きに近いかもしれません。

いずれにしても? ルーツはもんじゃ?

P7130241-12.jpg

たくさん混ぜて焼いて、頂いて、

もう、お腹がはちきれそうです。 ^^; ずっと食べたかったもんじゃ焼きです、念願がかないました !!

参加された皆さんと一緒に「月島もんじゃ」を頂いて満足満足。

P7130258-12.jpg

「おしお」さんから出てみれば、雨はやんでいました。


月島、佃島界隈の散歩、少し雨が降っていましたが、リバーサイドの風は気持ち良かったし、いにしえの江戸、
下町の感じもたっぷりと味わうことができました。

美味しいもんじゃはお腹いっぱいです。


きよたんさん、ご一緒して頂いた皆さん、楽しい時をありがとうござました。


" 2019/07/13 Tsukishima Monjya "
nice!(64)  コメント(52) 

京都に行ってきました2. 宇治上神社&源氏物語ミュージアムのこと:20190608  [訪れたところ色々]

再び娘と別れ羽を伸ばしたじぶんは、嵯峨嵐山からいったん京都に戻って、

そこから奈良線に乗り換えです。

P6080364-12.jpg

旅に出て、降り立った駅からローカル線に乗り換えるのは、何だか少しドキドキして、プチ冒険気分。

車窓からの街並みと緑、車両もそれに乗ってくる人々も興味津々。

P6080368-12.jpg

家族や友達と楽しく話しながらも良いですが、

興味津々のことをあれこれと思いながらの電車プチ旅も良いなと。

電車旅も、基本的には一人が好きなのかもしれません。

しばらく京都の景色を楽しんでいると、

P6080374-12.jpg

一時間弱で宇治駅に到着です。

学生の頃の修学旅行で来た時以来?

もしかすると、こうやって駅前や宇治橋を歩くのも初めてなのかもしれないなと。


スマホのグーグル君の地図を頼りに、先ずは宇治上神社へと向かいました。

P6080382-12.jpg

宇治川を右側に見ながら歩いていくと、平安末期の建築で神社としては最古のものだそうです、

こんもりと新緑に覆われた朱塗りの鳥居が見えてきて、初めての宇治上神社に到着です。

P6080391-12.jpg

鳥居を抜けると立派な拝殿があり、右脇に円錐形の盛り砂。

これは「清めの砂」と呼ばれているそうで、正月の時等にこの砂を撒いてお祓いするそうです。

P6080395-12.jpg

拝殿の裏に回ると、どーんと国宝です !! 本殿。

一間社流造といって、中には左殿・中殿・右殿があり、左右の社殿が大きく中央が小さい珍しい形なのだそう。

左右の狛犬を従えた姿、厳かな歴史をしっかりと感じる本殿には、応神天皇、仁徳天皇、菟道稚郎子の三柱の神様が祀られています。

菟道稚郎子は応神天皇の末っ子で学問に優れていたため、学業成就、受験合格のお参りをする人も多いとか。

P6080402-12.jpg

宇治上神社にお参りした後、京都へ戻る時間までにはもう少し時間があったので、

行ってみたかったところのもう一つ、

「宇治市源氏物語ミュージアム」へと向かいました。

P6080408-12.jpg

宇治市源氏物語ミュージアムは平成10年の開館。

紫式部さん作「源氏物語」の光源氏、「宇治十帖」の世界を、模型や映像により分かりやすく紹介してくれます。
「ネコが光源氏に恋をした」というアニメも上映されていました。

この日は時間があまりなかったので、さくっと展示物を一通り見て回っただけでしたが、

蔵書も3000冊以上もあって、実際に文章を読んで楽しむこともできるのだそう。

もう一度行かないといけないなと。

P6080413-12.jpg

源氏物語の最後の十帖は、宇治が主な舞台となっていて「宇治十帖」と呼ばれています。

平安時代、宇治は貴族の別荘地で別荘の御堂にこもり仏に祈るという習慣があり、宇治は身近な土地だったと考えられるとのことです。

そんな宇治に建てられた源氏物語ミュージアム。

P6080415-12.jpg

なぜ源氏物語ミュージアムに来たかったかと言うと ?

バリスタ切間美星さんの鮮やかな謎解き、

初めはお客さんだったけれど次第にお互いに惹かれあって…、

美星さんとアオヤマ君との恋愛の行方もとっても気になりました、好きだった小説「珈琲店タレーランの事件簿」。

その第5巻の舞台が宇治であり、源氏物語ミュージアムもお話の重要な場所だったからです。

P6080416-12.jpg

" その謎、たいへんよく挽けました " 切間美星さんのきめ文句 !! 懐かしい。

コーヒー好きなじぶん。休みにだけですが手回しのミルでコリコリコリ ♪

本屋で「喫茶店」と言う文字が目に飛びこんで、手に取ってレジへ。

それがこの小説との出会いでした。

P6080425-12.jpg

それ以来、全5巻(明確に最終巻とは作者は言っていませんが、お話の語り方口から…たぶん5巻で終わりかなと?)、出版されると同時に読んで来ました。

その最後の5巻目の舞台の宇治と、源氏物語ミュージアムには一度行ってみたいなと思っていました。


聖地巡礼です。笑

P6080432-12.jpg

原田マハさんの「でーれーガールズ」に出てくる、岡山のや城下カフェや後楽園の鶴見橋等も訪れたことがありますが、

アニメと同様、小説の聖地巡礼も楽しいです。


ふむふむ、アオヤマ君と眞子さんは、きっとこの展示を見て…等々。

P6080438-12.jpg

待ち合わせの時間があったので急ぎ足となってしまいましたが、

P6080441-12.jpg

源氏物語、

珈琲店タレーランの事件簿…のこと、源氏物語ミュージアムで良い時間を過ごすことができました。

P6080452-12.jpg

宇治橋をJR宇治駅に急いでいると、

京阪電車が京阪の宇治駅に。

京阪電車にも乗ってみたい。

P6080460-12.jpg

色々な駅に、特色のあるポストがあったりもするので、

行った先々の駅では注意しているのですが、宇治駅にもありました。

茶壷ですね。^^v

みなさん写真を撮られていました。

P6080466-12.jpg

再び奈良線に乗って京都まで。

待ち合わせ場所は、京都駅の京都タワーが見える改札口を出たところ ?

アバウトだけれど ? たぶん ? 分かるだろうと ?? …。 ?

P6080468-12.jpg

大丈夫でした。

無事に娘と合流し、お互い昼ご飯を食べていなかったのでとても遅くなりましたが、

松山閣 JR京都伊勢丹店さんへ。

P6080470-12.jpg

変な時間?

昼でもないし、晩御飯にはまだ早いし ?

たぶんそれらの時間にはもっと混んでいるのでしょうが、ほとんど貸し切り状態。

P6080472-12.jpg

先ずは冷たいビール。

喉が渇いていました。

京都の街を見下ろしての一杯はとても美味しかった。


石川五右衛門、南禅寺ではないですが、「絶景かな、絶景かな」です。^^

P6080475-12.jpg

松山閣さんのお勧めの名物、湯葉桶膳を頂きました。

P6080477-12.jpg

湯葉の色々なバリエーション。

P6080484-12.jpg

ジュンサイ等の涼し気な夏の料理。

P6080483-12.jpg

それらを楽しんでいると、お店の名物、

湯葉桶 !!

P6080486-12.jpg

桶の中に職人さんが一枚一枚引き上げた、滋賀県産の大豆を使った新鮮な湯葉がたっぷり。

食べ応えがありました。

大豆の香り、湯葉は味もですが香りで頂くものなのだなと。

P6080492-12.jpg

初物の鮎の塩焼きも美味しかったです。

P6080496-12.jpg

ほとんど貸し切り状態のお店で、

もう一杯のビール !!

P6080498-12.jpg

京都と言えば湯豆腐ですが、

湯葉はもう一つの京都の味覚だな。

P6080503-12.jpg

晴れたと思ったら、雨がザーッ。

梢の上の雨の忘れ物達は、風が吹いて頭の上にザーッと…常寂光寺でした。

目まぐるしく変化する天気だった…etc etc…。


今日一日のこと、

別行動の京都の一日のことをお互いに報告しました。

P6080505-12.jpg

料理の締めには、これも初物の西瓜を頂きました。

西瓜、美味しかった、

P6080507-12.jpg

小遣いとか? リソースが足りない時だけ誘われます。

それでも、普段すれ違いであまり話す機会がありませんが ( 京都でも、ほとんど自由行動? ) 、

一緒に旅をして少しだけ近況報告を聴けると、何だかほっとします。

P6080517-12.jpg

ここのところ毎年娘と訪れている京都。

常寂光寺とクロベエ。竹林の道とトロッコ電車の駅。宇治上神社と、聖地、源氏物語ミュージアム。

今年も色々な思い出ができました。


外国からの観光の方達が多くなって、昔の様なしっとり、

侘び寂びを感じられる京都とは少し趣が違ってしまったけれど、それでも、

京都の旅は良いものです。探せばまだまだ昔の感じを味わえるところはあるなと。


リソースが来年も足りなければいい?? 笑笑

" 2019/06/08 Kyoto & Uji & Syozankaku"
nice!(66)  コメント(42) 

京都に行ってきました クロベエ再び:20190608 [訪れたところ色々]

もう一か月も前のことになってしまいますが6月の初めの頃、

娘に誘われて ?

京都に一泊で行ってきました。 用事があってリソース(主に小遣いとか)が少ない時に良く声がかかります。

P6080189-12.jpg

朝7時くらいの新幹線のぞみと来れば先ずは定番です。

旅の始まりは崎陽軒のシュウマイ弁当から。これは絶対に間違いありません。タケノコの煮たの美味しい。

でも、少し、量は減ったかな?

P6080193-12.jpg

京都に着いて嵯峨野線に乗り換えて嵯峨嵐山の駅まで。

あいにく雨が降ったりやんだり、時々太陽が顔を出したりと、目まぐるしく変わる空模様でしたが、

傘をさしたり閉じたりしなくてはならなかったものの、色んな天気の嵯峨野を味わいながら、

嵐山界隈を先ずはてくてく。

P6080198-12.jpg

嵯峨野、嵐山は毎年の如く訪れているので、スマホに頼らずに目的地まで向かうことができます。

何時ものように竹林の道を通ります。

娘とは嵯峨嵐山駅でいったん別れました。集合場所を決めて解散後、気楽に楽しむ久しぶりの京都の風情です。

P6080205-12.jpg

それにしても、ワールドワイドの竹林の道です。

世界各地の言語が飛び交っていたるところでインスタ映え? 写メ? 、外国の方達でいっぱいです。

品川駅の通勤時の光景の様… ^^; かなりの混雑とカオス状態。

本来の竹林の侘び寂び感は吹っ飛んでしまった感はしますが、この国の良い所を見て頂けるのならうれしいです。

P6080210-12.jpg

竹林の道を抜けてトロッコ電車の駅を過ぎると、ようやく、

嵯峨野の落ち着いた風情に。

そうそう、京都って本来はこんな感じだったよな。静かで、しっとりとしていて…。

P6080225-12.jpg

そして、この日の目的地です、常寂光寺さんにたどり着きました。

一度訪れてから、北鎌倉の東慶寺と同じくらいに気に入ってしまったお寺です。近かったら毎週でも通いたい。

P6080235-12.jpg

紅葉の頃も素敵なのでしょうが、

P6080252-12.jpg

ちょうどピュアな新緑の青もみじの季節でした。

生まれたての若々しさを感じる緑の葉っぱたち、

P6080245-12.jpg

目を下にやればもみじの木の根っこに、もっと濃い色の苔たちがやさしい色。

P6080250-12.jpg

急に雲の隙間から陽が射してきたと思うと、

P6080266-12.jpg

風が吹いて、もみじ達からさっきの雨の忘れ物 ?

P6080274-12.jpg

梢のしずくたちが一斉に落ちてきました。 思いがけないプレゼントです。

濡れてしまったけれど、こんな感じも何だか非日常で悪くないかもしれない。

P6080287-12.jpg

常寂光寺はお寺のホームページによると次のようなお寺とのこと。

" 慶長年間(1596〜1614)に大本山本圀寺第16世究竟院日禛上人により開創。

本堂は慶長年間に小早川秀秋公の助力を得て、伏見桃山城客殿を移築し造営する。

仁王門は、元和二年(1616)に大本山本圀寺客殿の南門(貞和年間の建立)を移築。

仁王像は運慶作と伝えられる "

P60803101-12.jpg

関ヶ原の戦いの小早川秀秋とか、運慶とか、さすが京都のお寺です。

景観だけではなく、その来歴にも歴史がたっぷりと詰まっているお寺なのですね。

P6080315-12.jpg

苔むす一本の樹も、

京都の雅と歴史が感じられて貴重なものだなと。

途中の嵐山や竹林の道では感ぜられなかった、良い風たちにも会うことができました。

P6080318-12.jpg

侘び寂びの境内を堪能させて頂いて石段を下りて行くと、

いたぁ~!!

P6080326-12.jpg

真っ黒の毛並みの良い猫 !!

P6080342-12.jpg

久し振りの常寂光寺のクロベエです。

P6080345-12.jpg

前にNHKの岩合さんの番組に出ていて、その時は紅葉のシーンでしたが、真っ赤なもみじとクロベエの黒い毛並みがマッチしていてとても美しかったです。

以前訪れた際にも迎えてくれて、背中をガシガシとしたらお腹を向けてゴロゴロとしてくれました。

前回会えたのはラッキーでしたが、まさか今回も会えるとは思っていませんでした。

P6080349-12.jpg

背中を撫でればつやつやで良い感触、クロベエの感触だぁ。

P6080351-12.jpg

雨上がり、

一層色彩が濃く美しい常寂光寺の青もみじを楽しむことができましたし、

思いがけずクロベエにも再開することができました。

P6080352-12.jpg

今回の京都訪問、もちろん京都は色々と素敵なことがてんこ盛りですが、

常寂光寺でクロベエに会えたことが一番うれしかったです。

P6080357-12.jpg

嵯峨嵐山の駅で娘と合流して喉が渇いていたのでお店を探しました。

この界隈は外国からの観光客も多く、他所からのお客さんを対象にしているお店が多いのだと思います。

P6080358-12.jpg

でも、この日お茶を頂いた「廣瀬珈琲店」さんは、駅前で嵐山への通り道なのにもかかわらず、

入ってみれば地元の方、常連客さんが多いお店の様でした。

P6080359-12.jpg

マスターは年配の方、白いワイシャツに蝶ネクタイ、黒いベスト。

お店のテーブルや椅子たちの他、調度品も、飾られているディスプレーーたちも、マスターと共に良い年を重ねてきた様子。

マスターもお店の全てもセピアの色彩の中。

疵、日に焼けたくすみやすり減り具合も、色彩をより一層濃くしているかのよう。

一杯一杯丁寧に入れて下さるコーヒーもとてもやさしい味がしました。

P60803601-12.jpg

観光地、嵯峨野嵐山。他の店は若い観光客でいっぱいです。

でも、廣瀬珈琲店さん、トワイライト。

時のはざまに一軒だけ、ぽつん建っている様なお店でした。

常寂光寺のクロベエにも会えたし、廣瀬珈琲店さんで美味しいコーヒーもご馳走になって今回も素敵な京都の旅のスタートとなりました。

この後も、再び娘とは別行動でした。羽を伸ばしたじぶんは? 宇治の方へ。

京都の一人散歩も面白いなぁ。

" 2019/06/08 Kyoto Jojakko-ji & Kurobee "
nice!(54)  コメント(26) 

初めての谷中はオフ会で-3:20190525 [訪れたところ色々]

永久寺さんでイワタバコとのびっくりな出会いをした後、

P5250259-12.jpg

道路を挟んだところにある可愛いお店に連れて行って頂きました。

P5250261-12.jpg

築90年以上の古民家のカフェ ♪

カフェ猫衛門 (Cafe Necoemon) さんです。お店の前の可愛いニャンコディスプレーにはまってしまって…、

なかなかお店の中に入れませんでした。

このミルクポットも、シャムネコのお皿も etc etc…、可愛いってこと半端ないです。

P5250263-12.jpg

ようやく暖簾をくぐりましたが、

外だけではなくて、メニューホルダーも、

P5250266-12.jpg

フグ? 何の魚だろう? 振り子時計も、

お店の中に置かれた猫ちゃんたちにもはまりっぱなし。

オーダーをするのも忘れて一通り写真写真~!!

P5250269-12.jpg

撮るものは撮って? ほっと一息付いて、

いつもならコーヒーなんですか、このお店だと何となくアイスティー ♪

お昼寝中? これも可愛い木製のニャンコのトレーに乗った冷たいアイスティーを頂きました。

P5250273-12.jpg

いたずらっ子の様なトラ猫のミルクポットも連れて帰りたいくらいでした。

P5250277-12.jpg

カフェ猫衛門さんは、じぶん達はしませんでしたが、招き猫の絵付けができるハンズカフェなのだそうです。

素焼の5~6cmくらいの下塗りをした招き猫に、ペンで彩色をするのだそうです。

じぶんだけのオリジナルニャンを作れるのだにゃあ !! (=^・^=)


入口のガラスケースの中には、白猫のレアチーズケーキ、黒猫のモンブラン、

白ブチのエクレア、黒シマのエクレア、しまネコチョコロールケーキ、みけねこロールケーキetc etc…、

とっても美味しそうな可愛いケーキがありました。


次回の楽しみをいっぱい見つけました。美味しそうな瓶のビールもあったので、こっちも !!

P5250278-12.jpg

素敵なカフェ、猫衛門さんを後にして再び皆でてくてくてく。

P5250287-12.jpg

途中にはまた個性的な喫茶店「コーヒー乱歩°」とかの、面白そうなお店がいっぱいです。

コーヒー乱歩°のところを左に曲がって少し行ったところが次の目的地。

P5250292-12.jpg

ここでも、白いネコ君たちが迎えてくれました。

P5250299-12.jpg

皆で訪れたのは、ギャラリー猫町さん。

P5250304-12.jpg

" 猫をテーマに活動しているさまざまなジャンルのアーティストの個展をおこなっている猫専門ギャラリー "

なのだそうです。

おっと、迎えてくれたこの目つき、好きかも !!

P5250306-12.jpg

この日は1階と2階で別の方の作品が展示されていました。

P5250308-12.jpg

1階は村上しよみさんの「猫にありがとう」。 可愛いイラストがたくさん。

2階は田口輝彦さんで、特徴のある猫の人形たちがたくさん。何となく、宮沢賢治のことをイメージしたり。

P5250309-12.jpg

村上しよみさんの作品は写真を撮っても良いとのことでした。素敵な作品たちを写真に収めさせていただきました。

猫の街で猫の作品のギャラリーなんて、谷中は本当に猫尽くし、猫の街なんだなぁ~と実感。

本物の猫君たちには沢山は会えませんでしたが、それでも猫の街を十分に楽しめました。


谷中はお寺やお墓が多い街で猫が集まりやすかったことから、猫の多い街で有名になったとのこと。

でも、最近は殺処分ゼロを目指して去勢や保護をしてきているとのことです。

以前よりも猫は見かけなくなってきている様子。

谷中の猫に会うには路地とか横道にそれることと、それから根気も必要なのかもしれません。

P5250311-12.jpg

谷中猫ツァー? を一通り。

根津から千駄木の方へ向かいます。

先ずは根津神社。

P5250316-12.jpg

横浜市に長年住んでいますが、東京はまだまだ訪れていないところがいっぱいあるなと実感したこの日ですが、

P5250321-12.jpg

根津神社も初めてでした。

P5250322-12.jpg

根津神社、1900年前に日本武尊が創祀したとのこと。祀っている神さまは須佐之男命、大山咋神、誉田別尊。

現在の社殿は宝永3年(1706年)に完成したものであるとのこと。

江戸時代、あの犬公方5代将軍綱吉さんの時代に作られた社殿を今見られるんですね。

P5250325-12.jpg

狛犬も立派です!!

P5250328-12.jpg

神社を出た所にレトロな感じの本屋さんを見つけました。 ツバメブックスさん。

気になったので帰って来てネットで調べたところ、とても特徴のある古本屋さんだとのこと。

貴重な古書だけでなく、ビンテージ物のカメラや時計、フェルト人形etc etc…ヨーロッパの古いものたちが沢山あるとのことでした。

実は密かに古本好きなじぶん。

P5250333-12.jpg

家の近くでも年に何回か古書市とかがあったりするので覗いたり、又、この前京都に行った時も文化博物館でやっていた古書市を覗いたり。

元々本は大好きなんですが、あのビブリア古書堂の事件手帖を読んでから、古本を見たりするのも興味津々になりました。

こちらもこの日は寄れなかったけれど、次回は覗いてみたいところ。

P5250335-12.jpg

根津神社の次は千駄木の方へ、団子坂を登って本郷図書館です。

ここではもう終わってしまいましたが、ソネブロの有名ブロガーさん、

何時も素敵なお写真をアップされているカエルさんの写真展が開催されていました。

会期ギリギリだったのですが、素敵な作品を拝見することができました。

P5250336-12.jpg

「記憶と生きる」写真展。

どのお写真も素敵でしたが、特にこの桜のお写真は素晴らしいです。

窓から優しい光が差し込んでいる白い壁に飾られていましたが、

ここの場所にとても馴染んでいるように思いました。


はじめから、この場所にいたように…この場所が良いな。


見ていると色んなことを思い出したり、ほっこりしたり…。

P5250338-12.jpg

後からカエルさんの記事で知りましたが、写真展は終了したけれど、本郷美術館でこの場所で、

このお写真は常設されるとのこと。

図書館を訪れればこの作品にいつでも会えるとのことです。谷千根に来た時はまたお寄りしてみたいです。

P5250340-12.jpg

図書館から千駄木の駅の方に少し戻り、文京区須藤公園にも寄ってみました。

睡蓮が一つ二つ咲いていました。朱塗りの太鼓橋、睡蓮の葉っぱが浮かぶ池は幾分斜めになった午後の光できらきら輝いていました。

P5250347-14.jpg

きよたんさんがコーディネイトして下さった今回の谷中散歩、

そろそろコースも終わりに近づいてきました。

P5250342-12.jpg

谷中銀座まで商店街を皆でそぞろ歩き。

P5250350-12.jpg

朝とは違って生活感あふれる匂いと雰囲気。

コロッケの焼き魚の良い匂いが食欲をそそります。観光客も多いのでしょうが、現役の商店街は活気があります。

下町の商店街の散歩、買い物客の皆さんから元気がもらえるようで楽しいです。

P52503512.jpg

谷中銀座ではこの日最後のニャンコたち。一日楽しませてくれてありがとう。(=^・・^=)

このネコ君たちも可愛いので写真に撮ってきましたが、帰って来て調べると「谷中七福猫」のうち、

狛犬ならぬ狛猫の「阿にゃん」と「吽にゃん」とのこと。

P5250354-14.jpg

谷中ぎんざには「谷中七福猫」と呼ばれる木彫りの猫が7匹いるのだそうです。

東京芸術大学の彫刻科の生徒が作ったもので、商店街のあちこちに隠れているのだとのこと!!

今回は2つだけでしたが、次回はあと5匹見つけてコンプリートしたいなと b^^

P5250352-12.jpg

谷中銀座を抜けて、

P5250357-12.jpg

スタートした時の夕焼けだんだんに戻って来ると、影が随分長くなっていました。

ぐるりと谷千根の素敵なところを一回り案内して頂きました。

良い所、見どころをカタログの様に要領よく見せて頂き、3回も下見をして頂いたおかげだなと、

きよたんさん、本当にありがとうござました m(_ _)m

P5250363-12.jpg

最後の締めもきよたんさんに連れて行ってもらいました。

日暮里の駅の近くの韓国料理のお店「柳」さん。

先ずはランチの時から我慢していましたぁ~!!

キンキンに冷えたつめたーーい生ビールです。我慢していた分も美味しく、

ぷはぁ~、生き返りましたぁ~ ^^; 笑

P5250367-12.jpg

料理も美味しかった。

女将さんの巧みな? 料理ばさみパフォーマンス付きのサンギョプサル !!

P5250373-12.jpg

キムチとニンニクと特製味噌等をサニーレタス? に巻いて頂きました。

P5250376-12.jpg

海鮮のネギチヂミやその他の料理も満足満足。

P5250378-12.jpg

デザートは小さなメロン? チャメと言うのでしょうか?

女将さんからの差し入れ? よく分かりませんが、元気の良いオモニ女将さんでした。

2kさんとeyeさんは途中で帰られたので、きよたんさん、r a n n y a nさん、横 濱男さん、英ちゃんさん、kick_driveさんとじぶん。

6人でビールと韓国料理で楽しかった一日の締めくくり。

P5250380-12.jpg

谷中の楽しい一日。

カタログ的に要領よく案内して頂いたおかげで、次回見たいもの、入ってみたいお店、食べてみたいものetc etc…が自分なりにできました。

P6110001-12.jpg

次の散歩も楽しみです。

P6110007-12.jpg


最後に、

ご一緒させて頂いた皆さん、楽しかったです!! ありがとうございました。

きよたんさん、準備も大変だったと思います。本当に感謝です、ありがとうございました。m(_ _)m

" 2019/06/01 Yanaka "
nice!(52)  コメント(32) 

初めての谷中はオフ会で-2:20190525  [訪れたところ色々]

5月25日谷中オフ会の続きです。


再び初音小路に戻り、

こちらが近道とのことで、きよたんさんの後に続き、r a n n y a nさん、横 濱男さん、kick_driveさん、じぶん。

ぞろぞろぞろ、  と !!

P5250139-12.jpg

本日初めての谷中のネコ君、キタ━(゚∀゚)━!!!

谷中は猫が多くても有名なんだそうですが、やはり横道、露地に入らないとなかなかなのですね。

やっと本日一匹目のネコ君と~!! 会うことができました。

P5250145-12.jpg

良い天気、気温は高めでしたが湿度は低くて日陰は過ごしやすい日でした。

初音小路のアーケードの下で、のんびりとお昼寝なのに…みんなでカメラを向けてしまいました。^^;

せっかくのお昼寝、邪魔してごめん。


見づらいですが、こっちは黒猫君。猫ヨガのポーズを見せてくれました。

P5250152-12.jpg

この日のランチタイム。

きよたんさんが素敵な日本料理屋さんに連れて行ってくれました。

駅近で、静かで清潔で明るい感じ、素敵な雰囲気のお店です。

P5250155-12.jpg

たんぴょう亭さん。

ご家族でやられているのでしょうか? 大将と女性の方2人~3人。

開店は11時からで予約を受け付けていないため、開店と同時に一番で自分たちは入りましたが、

ほぼ同時に10人以上のシルバー世代のグループの方達も入店。一度に大勢のお客さんで、

高齢のお店の方はてんてこ舞い !!


お茶はここにまとめて置いて下さい。大丈夫、大丈夫、全然気にしませんから。

じぶんたちのグループは皆さん優しいです ^^;

P5250158-12.jpg

お昼の献立は全部の種類が1150円。

銘々好きなものを選びます。

じぶんはきよたんさんと同じく穴子丼にしました。穴子丼は大好きです。

オフ会の前の週に広島に出張で出かけましたが、その時も焼き穴子丼を頂いてきました。

P5250160-12.jpg

たんぴょう亭さんの穴子丼、ご飯も穴子も量は多めです。たっぷりと美味しい穴子を頂きました。

P5250166-12.jpg

本当はじぶん的には冷たいビール(他のグループの方達は冷たいジョッキーで良いな)を頂きたかったのですが、

まだまだこれから歩くので…みなんさも自粛されていましたので、ここは我慢しました。

P5250172-12.jpg

本当にすてきな雰囲気、美味しいお店、たんぴょう亭さん。

P5250173-12.jpg

素敵なお店で昼ご飯が頂けて、大満足でした。

きよたんさん、ありがとうございました m(_ _)m

P5250180-12.jpg

さてと、エネルギーチャージ完了で谷中散歩の再開です。

P5250182-12.jpg

8人そろって次の目的地へと向かいます。

でも、3歩歩けばです !!

谷中歩きはファインダーを覗かない時がありません !!

P5250190-12.jpg

これも国の有形文化財に指定されている「観音寺 築地塀」。

土と瓦のミルフィーユ状態?

江戸時代の姿を今も残しているのだそうです。

P5250187-12.jpg

右を見て左を見て、きょろきょろのしっぱなし ^^;

P5250191-12.jpg

次に連れて行って頂いたのは「スペース小倉屋」さん。

P5250202-12.jpg

1830年に質屋小倉屋として作られた建物とのことです。登録有形文化財。

P5250203-12.jpg

現在はギャラリーとして使われていて、

小倉質店で生まれ育った伊藤としさんの絵画が展示されています。

P5250206-12.jpg

じぶん達の後には通訳? 女性の方と外国の方達も見学に入ってきました。

和的なものがいっぱい、

建物も江戸時代からですから、外国の方達に日本文化を知って頂くのにも良い所かも。

P5250208-12.jpg

玄関も、なんだか昔の祖母の家を思い出すような 懐かしい感じがしました。

P5250213-12.jpg

東京の谷中、根津、千駄木は「谷根千」と呼ばれ下町の雰囲気をたくさん残している人気の場所。

P5250220-12.jpg

中でも、ここ谷中は震災や戦争でも被害を受けなかったことから、木造の家屋やお寺なども往時のままの姿を残していて、

江戸、明治、大正、昭和…、懐かしい感じを色濃く残してくれているとのこと。

P5250228-12.jpg

街並みも人の感じも良いな。

P5250229-12.jpg

有名、カヤバ珈琲さん。

皆さんがカバヤ珈琲とかいうので、本当はカバヤなのかカヤバなのか分からなくなりました… ^^; 笑

相変わらず混雑なんですね。並ぶのは嫌いですが、それでもふわとろのたまごサンドは一度頂いてみたいです。

P5250235-12.jpg

またまた、可愛いのを見つけてしまいました。

P5250239-12.jpg

今日は良い天気、晴れ男の横 濱男さんの威力炸裂で? 良過ぎるほどだから、

黄色のテルテル坊主君、

お休みしていていいよ!! 等と… 笑

でも、このテルテル坊主、可愛かったです。

P5250241-12.jpg

おーーっ!! こんなところにニューヨークだ。

P5250243-12.jpg

すると、

キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 

P5250244-12.jpg

まさか、こんなところでイワガラミに会えるなんて…、思ってもみませんでした。

じぶんがイワガラミを見たのは北鎌倉東慶寺だけでしたが、街中の谷中のこんなところで会えるとは。

谷中、すごーーい!!

P5250247-12.jpg

谷中の永久寺さんと言うお寺さんの塀の所に咲いていました。

花好き、イワガラミも大切に思っている自分にとって、

このことだけでも、谷中の価値が2倍に、いえいえ3倍くらいになりました。 

谷中、色々なものがあると知りましたが、これ程とは… @@;

びっくりです !!

P5250249-12.jpg

イワガラミを見つけて…、

P5250256-12.jpg

道路を挟んで向かったのは、

猫、猫でした !!

続く・・・・ ^^;

" 2019/05/25 Yanaka-2 "
nice!(62)  コメント(30) 

初めての谷中はオフ会で-1:20190525 [訪れたところ色々]

皆さんのブログで、

色んなことを知ったり、行きたくなったり、食べてみたくなったり etc etc…  b^^

P5250050-12.jpg

じぶんにとって、ソネブロは新しいこと、面白いこと等、知識の種の一つです。

P5250054-12.jpg

そんな中で谷中の辺りは、多くの方達が散歩され素敵な写真を撮られていて、

一度は行ってみたいと思っていた場所。

P5250056-12.jpg

ただ、じぶんの生活圏では山手線だと、西側の最北端は池袋位で、東側は上野まで。

なかなか行く機会がないままに…。

P5250058-12.jpg

何時かは行きたいなぁ~といつも思っていましたが、

きよたんさんのお骨折り、5月最後の土曜日のオフ会で、念願の谷中の散歩をすることができました。

きよたんさんは、この日のために下見を3回もして下さったとのこと。

そのお陰で、半日くらいで谷中の興味津々なところをたくさん、見て回ることができました。

P5250060-12.jpg

写真も全部で380枚位。

とにかく犬も歩けば? ではないですが、3歩くらい歩くと、撮りたくなること必至の被写体たちが目白押しです。

整理をしたけれどそれでも100枚くらいになってしまったので、じぶんでは珍しいのですが3回に分けてアップしようと思います。

谷中の散歩のアップ、最後まで行きつくかな?? 少し心配してます ^^; 笑

P5250061-12.jpg

5月25日土曜日10時、 日暮里駅に集まったのは、幹事のきよたんさん、r a n n y a n さん、eyeさん、

横 濱男さん、英ちゃんさん、kick_driveさん、2kさん、そしてじぶんの全部で8名。

P5250063-12.jpg

きよたんさんから谷中の地図が一枚ずつ、英ちゃんさんからは気温高めの日でしたから塩飴が配られ、

カメラをそれぞれ装備して準備万端、オフ会のスタートです!!

先ず訪れたのは「朝倉彫塑館」。

朝倉彫塑館は彫刻家朝倉文夫さんのアトリエと住居だった建物です。2001年に建物が国の有形文化財に登録され、2008年に敷地全体が「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されたとのこと。

展示室には見事な大きな彫像がいくつも飾られていました。

中でも「小村寿太郎」の椅子に座っている彫像は迫力満点 !! こんなに素晴らしい像が日本にもあるとは、全然知りませんでした。

良く映画等でみますが、アメリカ合衆国のリンカーン記念堂の、巨大なリンカーン像の様にも思えて、暫く金縛り状態  ^^;

すごーーい!!

P5250065-12.jpg

残念ながら写真を撮れるのは、ここにアップした猫たちのいる「蘭の間」だけでしたが、しっかりと両方の目に素晴らしい作品たちを焼き付けてきました。

P5250069-12.jpg

朝倉彫塑館は自由行動だったので入る人、入らない人もいましたが、一通り自分たちは鑑賞させて頂きました。

作品も良かったけれど、朝倉さんの住居部分も日当たり良く、建物に囲まれた庭園も素敵で、暫く畳の上で昼寝したいなぁ~と思うほどでした。 ^^;

ランチのお店での集合時間にはまだ時間がありました。

P5250084-12.jpg

彫塑館の周りをてくてくてく。

P5250085-12.jpg

美味しそうなプリンにマドレーヌ !! 発見。

欲しかったけれど、まだまだオフ会の散歩は始まったばかりなので…ここは自粛です。

P5250089-12.jpg

シックな感じのお店、

P5250090-12.jpg

レトロな感じの暖簾の建物 etc etc…、3歩進むと棒に当たってしまいます。

その度、シャッターをパチリ 笑。

P5250094-12.jpg

とある横丁を発見!! 初音小路と言うそうです。

帰ってきて調べると、


「戦後間もないころ日暮里や谷中には数多くの屋台がありましたが、

 都が屋台廃止令を出したことから、屋台での営業を行えなくなって1949年にこの横丁を作り、

 17~18軒のお店が集まったのが初音小路の始まり」等のこと。

P5250095-12.jpg

良い感じだなぁ~と。 この日は11時前だったけれど、夕方だとまた違った趣になるのでしょうね。

この中華料理屋さん、一力さんと言うのだそうですが、

これも帰って来てから調べると創業50年近い老舗のお店とか。

レトロなラーメンが絶品とのこと。次回はここで頂いてみたいなと。

P5250098-12.jpg

延命院さんにも行ってみました。

これも帰って来てからですが、確かテレビのドラマでも見たことがあります、江戸時代のスキャンダル事件「延命院事件」のあった所だとのこと。

P5250103-12.jpg

いわゆる美男子和尚さんが女性信者、大奥の女中さんまでと関係を持ち、寺社奉行が密偵を使って証拠をしっかりと固めて急襲、検挙。

美男子和尚の日潤を斬罪。関係のあった女性たちも処罰を受けた事件。

P5250109-12.jpg

そんな場所とは露知らず、この日の延命院で開催されていた「Tera と Roji」、谷根千クラフトフェアを覗いたりして楽しみました。

バンダナやアクセサリー、陶芸、ガラス、木工etc etc…、色々な手作りの作品がたくさん。

こういうの見ているとどんどんはまっていきます。

P5250111-12.jpg

喉が渇いていたので、ココフルカフェさんのジンジャーエールを頂きました。

少し辛いと感じるくらいジンジャーが効いていて、最高気温32度にもなったこの日に頂くにはぴったり!!

すきっと辛口のジンジャーエール美味しく頂きました。

P5250120-12.jpg

夕焼けだんだんからの景色も!!

P5250124-12.jpg

谷中銀座は後で訪れる予定になっているとのことでしたが、

P5250127-12.jpg

ちょっとのつもりで夕焼けだんだんを降りてみれば、

やはり、3歩歩けばです。 ^^;

P5250132-12.jpg

カメラを向けたいところばかり。

P5250137-12.jpg

谷中銀座に足を踏み入れかけたところで、そろそろ、

P5250138-12.jpg

ランチのお店前での待ち合わせ時間近くになってきました。

後ろ髪を惹かれつつ、とりあえず急ぎ足で !!

" 2019/05/25 Yanaka -1 "
nice!(63)  コメント(46) 

米子と仙台とANAめし友:20190422&23&26 [訪れたところ色々]

鳥取県の米子から境港まで17.9kmを結ぶ境線。

P4220016-12.jpg

米子空港からはバスが出ていて、それに乗れば飛行機から降りてすぐに米子に向かえるのですが、

ぼくはいつも30分くらいは待つけれど、境港線にお世話になっています。

IMG_1298-12.jpg

車窓から見る米子の景色、トラクターがぽつんと置かれた畑、本当に線路のすぐ横にある家々、山陰の山々等、

仕事に来たことも忘れて、のんびりと楽しむことができるし、

P4220023-12.jpg

何よりもゲゲゲの鬼太郎のキャラクターたちが描かれた「鬼太郎列車」に乗れれば(ラッキー!!)、

年甲斐もなく嬉しいです。

P4220019-12.jpg

外れの時(イラストのないものも時々)もあるけれど、今までに「ねこ娘」、「ねずみ男」、「目玉おやじ」、
そして「鬼太郎」の4種類に乗ったことがあります。

ちなみに、現在はこの他に「砂かけ婆」、「こなき爺」の列車があって全部で6種類あるのだそう。

いつか全種類コンプリート !! 全部の列車に乗ってみたいなと b^^

P422003812.jpg

そんなことを考えている内に30分くらいで米子駅に到着です。

P4220040-12.jpg

今年もそろそろ色んな所へ行く季節になって来ました。

長い距離の移動は疲れてしまうこともありますが、それでも色々な所を訪れるのには沢山の楽しみもあります。

P4220048-12.jpg

普段乗らない境線の様な電車に乗って、その地方の景色を楽しむこともその一つ。

P4220053-12.jpg

それから、その土地ならではのそれぞれの季節毎の美味しいものを頂けることもその一つです。

米子には冬に訪れることが多いので、カニやのどぐろ等、海の幸をいつも楽しみにしています。

P4220057-12.jpg

春は初めてかもしれない?


勿論、今回はカニはなかったのですが、びっくりしたことに春の味覚、ワラビのお浸しとタラの芽の天ぷらを、

米子の後輩はわざわざ作ってきてくれて、

内緒ですが、居酒屋さんのテーブルの上にタッパーウェアで…、ご馳走になってしまいました。^^;

お店の方も寛大 ??

春の味覚、山菜はとても美味しかったし、わざわざ作って来てくれた気持ちはとてもありがたかったです。

P4220058-12.jpg

飛行機は ANA を多く使っています。

ANA の機内での楽しみ方もあって、機内誌「翼の王国」を読むこともその一つ。

福岡伸一先生の「フェルメール光の王国」が連載されている時は機内で読んで、持ち帰ってまた家でも読んで、バックナンバーを揃えたりしていました。


機内での ANA のオリジナル番組「めし友」も面白いです。
白いご飯の一押しのおかず達を見ていると、無性に炊き立てのご飯が食べたくなります。

この日はベスト5? 5つくらいだったと思うのですが、どれも美味しそうなおかずが紹介されていて、

その中に、次に出かける予定となっている仙台の「めし友」2つも紹介されていました。
見つけられたらいいなと、暮れなずむ空の上で思ったり。


そうそう、羽田に向かう飛行機ではマーラーの6番をよく聴きます。文字通り下へ下へと日が沈んで行く景色は Andante moderato 楽章、いよいよ空港へ着陸の時は最終楽章がぴったり !!

Walkman で自分なりのシーン音楽を楽しんだりしています。

IMG_1307-12.jpg

日が改まり、その仙台へは東京から東北新幹線「はやぶさ」に乗れば1時間半くらいで着きました。

IMG_1310-12.jpg

牛タンも美味しいのですか、続けて何回も頂いていたので、今回のランチは Google で調べたお店、

山形飛島 亞呉屋 仙台店さんで、「あごだし中華」。

IMG_1312-12.jpg

あごだしのスープに平打ちの麺がぴったり。チャーシュー、メンマ、なると。

長ネギだけでなく、玉ねぎの食感もなかなかのもの。それに青のりが真ん中に彩りを加えていました。

最近は横浜家系ラーメン、豚骨ラーメンを良く頂いていますが、あごだしのあっさりラーメンもなかなかのもの。
美味しかった。

IMG_13171-12.jpg

バタバタしていて、仙台の「めし友」を見つけられないかなと思いましたが、

なんと仙台駅の新幹線の改札を入った所のコンビニ? で ANA の番組で紹介していたもの、2つとも見つけることができました。

ラッキー !!

P4250188-12.jpg

仙台ラー油はラー油と牛タンが絶妙のコラボ。ピリッと辛くて、牛タンも割とでっかくカット !! 帰って来て白いご飯に乗っけて頂きました。

もう一つは伊達揚げ。
仙台名物笹かまぼこの仲間だと思うのですが、食感はもっとふわふわ。
隠し味として仙台藩ゆかりの「ごえんそ味噌」が練りこまれているとのことで、ほんのりと味噌の良い風味。
こちらも、とても美味しく頂きました。ビールのつまみにもいいなと ^^v


GW は初日に「ギュスタヴ・モロー展」を見に行って、後は今のところのんびりです。
まだ1週間くらい休めるし、ラ・フォル・ジュルネもあるし、CD 聴きながら本を読んだり、のんびりと過ごしたいと思います。

休みが明ければ、また飛行機と新幹線にお世話になります。

次はどんなものが、ことが待っているのか楽しみ。 


気づけば? 平成最後の日ですね。明日から令和 !!

多くの人たちが、特に若い人たちが新しい元号の時代は良い時代になると考えているとのこと b^^

雰囲気とか心持とかって大切なんだと思います。

皆の心がそうであるなら、きっと、

きっと、良い時代になるのだろうな令和。  ^^v

" 2019/04./03 Yonago &Sendai & Meshitomo "
nice!(65)  コメント(40) 
前の10件 | - 訪れたところ色々 ブログトップ